スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャスケードスタイルブーケ

中級クラスでは、ブーケホルダーを使った「キャスケードスタイルブーケ」を作っていただきます。
キャスケードスタイルは、水の流れを花で表現した形です。
大きな花より、流れを出しやすい茎の柔らかい花で作るとしなやかな雰囲気になります。
キャスケード1
ウェディングこぼれ話ですが、私の花暦初期段階(今から20年前)では、ワイヤーリングのブーケが100㌣でした。
結婚式場の花を作っている花屋でしたので、週末になると10個~20個のブーケが入り木曜日から葉っぱはワイヤー掛けしてました。
 今はすっかりホルダーを使ったブーケが定着していますね。
そのお陰で、ブーケに使える花のバリエーションが増えましたから~素敵なブーケが多くなりました。

ウェディングシーズンに入りましたね。
初めての方でも、プロの講師がマンツーマンでレッスンしながら本番のブーケが作れる「プライベートブーケレッスン」もありますのでご相談下さいね。

プラーベートウェディングレッスン、フラワーアレンジメント教室、プリザーブドフラワー、出張レッスン、結婚式の花、ウェディングブーケ、墨田区錦糸町、総武線沿線、フラワースクールのヘクセンハウス

テーマ : フラワーアレンジメント - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。