スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せ気分になれる香りのバラでアレンジメント!

アンブリッジローズ

今回は、バラの中でも幸せ気分になれる香りのイングリッシュローズ、「アンブリッジローズ」を中心にバラを集めデザインしていただきました。花の名前を知りたい方は
アンブリッジローズ中心の芍薬のような咲き方のバラ。
アンブリッジローズ

チャイコフスキー大きく咲いて見事です。
チャイコフスキー

全ての花材を知りたい方は スプレー咲きのプリンセス・オブ・ウェールズ上品なオフホワイトの花で、イギリスのダイアナ妃に捧げられたバラです。見事に大きく咲いているのは、チャイコフスキー咲いてからもある程度楽しめます。外側がグリーンで中心が薄いピンクのバラは、デザート庭のバラの香りがします。市場にスズランが沢山並んでいてこれまた香りが良いのでアレンジに入れていただきました。(バラの香りと言うより、スズランの香りが勝っていますが・・・。)

涼しげに、枝物は姫水木を使いました。器の錆びたブリキの感じと花の優しい雰囲気をあわせてみました。

香りが皆さんにお届けできなくて残念!

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。