スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 国際フラワーEXPO(IFEX) 〜花業界 アジア最大の国際商談展!〜に行ってきました。

今日から土曜日まで、幕張メッセで開催されている「第5回 国際フラワーEXPO(IFEX) 」へ、F本先生とY本先生と見に行ってきました。

は大きな大きなコロンビア産のバラです。茎も太いですが花は咲くと手のひらぐらいです。朝夕の気温差があり良いバラが出来るそうです。オーストラリアからの新しいタイプのユーカリの花です。白くて綺麗です。
コロンビアのバラ  新しいタイプのユーカリの花

はサントリーさんの開発した「青い薔薇」です。香りが上品で良い匂いです。
は九州の生産者南原農園さんが自社で作った植物をプリザーブド加工した花です。プルメリアジャスミンアスパラガスアイビーでブーケに仕立てたものです。

南原農園さんは、ジャスミンやアイビー作りで有名な農園さんです。こちらで作った植物を自らプリザーブド加工しているのが、凄い!!です。
サントリーのブルーのバラ  南原農園のプリ

こちらは、カーネーションのプリをハート形に仕立ててありました。無理やりではありますが斬新な発想です。母の日に使えますよね~。
ハートのプリ  ハートのプリ横顔 
「プレタポルテシリーズ」と名つけ、薔薇の花びらを加工して作った大きな花です。
このまま、加工せず1輪で売るための商品です。
こうする事により、ディスプレイや美容業界でもこのまま使えるのです。販売の範囲が広がる訳ですね。
 プリ プレタポルテシリーズ

印象深かったのは、プリザーブドフラワーが物凄く進化していました。
この他、プリザーブドに付ける香りやマーブルになった色の花、各社かなり頑張っています。
プリザーブドフラワーはまだまだ伸びそうです。

他に面白かったのが、木とプラステックを混ぜて作った鉢です。
杉の木の香りが良くて、木だけですと腐りやすいですがプラが入っていますので丈夫です。しかも、燃えるゴミで捨てられるのです。
バイオマスポット

来年の春に向かって、私どもヘクセンハウスフラワーアカデミーも進化し続けたいますのでお楽しみにね~。

錦糸町のプリザーブドフラワー・フレッシュフラワー教室のヘクセンハウスフラワーアカデミー




テーマ : 花と生活 - ジャンル : 趣味・実用

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。