スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟のSAKE&SAKE(酒&鮭)

昨日新潟へ一泊でモリモリな内容で行って来ました。
上越新幹線で長岡まで、東京からなんと2時間!早いですね。
田中角栄さんの地元長岡駅は立派ですし、道幅も広いです。
長岡からレンタカーを借りて、大好きな鮭で有名な村上市

鮭の自然ふ化に世界で初めて成功したのが、三面川が流れる村上
鮭の酒びたし」を以前、上野で買って美味しいな~と思っていました。
どこで作っているのか・・・裏を見ると新潟の村上でした。
こちらは、味匠 森っ川 店の奥に鮭の塩引きが沢山ほしてあります。
1匹10Kgぐらいの大物です。昨年の11月に採ったものだそうです。
店構えも渋いです。
鮭の酒ひたし」:鮭の内臓をとり、塩を振って乾燥させたもので、保存食なので食べる前にお酒にひたして、戻しながら食べるのでこの名前がついたようです。
鮭の塩引き1  森つ川 入り口
お昼ごはんは折角ですから、割烹松浦屋で 鮭つくし
右手前は、鮭の保存食で焼いたものをだし汁に漬けてあり何ともいえない味でした。
松浦屋  鮭つくし
おなかイッパイになった後は日本海ドライブ!日本海沿いに山形方向へ
名勝で知られる「笹川流れ」に。天気も良くなり海が透き通っていて綺麗です。
笹川流れ1  笹川流れ2
綺麗な海水をくみ上げて「天然の塩」を作っている、SOLT CAFE24時間煮詰めて塩を作り、にがりをぬくそうです。
塩作り1  塩作り にがりぬき
ここで出来た塩入りの「塩ミントティー」おなかの中が温まりました。
泊まったのは、月岡温泉湯伝村上館
油田を掘ったら温泉が出てきたとか・・・。肌がツルツルになるいいお湯でした。
塩ミントティー  旅館の中庭
新潟で有名なお酒の利き酒セット(〆張鶴・越の寒梅・麒麟山)、私は端麗辛口が好きなので、越の影虎の本醸造が気に入りました。
利き酒セット  越の影虎

本日は新潟を日本海沿いに直江津方向へ!
縄文時代に日本全国に広まった産地の小滝川ヒスイ峡
そしてユーラシアプレートと北アメリカプレートがぶつかって、日本が生まれたフォッサマグナ見てきました~。続きは又明日~。

フラワーアレンジメント教室のヘクセンハウスフラワーアカデミー





テーマ : 趣味と日記 - ジャンル : 趣味・実用

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。