スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のぞいて見たくなる・・・・!

今朝の大田市場花き棟2階に、お中元に贈る花鉢が並んでいました。
ミニ胡蝶蘭がスペースの大半を占めていましたが、ネペンテス和名「ウツボカズラ」が並んでいました。

穴があると、のぞいて見たくなります!
ウツボカズラ1  ウツボカズラ

ウツボカズラは熱帯地域、主にフィリピンより南、ボルネオ島・ジャワ島・スマトラ島・マレー半島
ニューギニア・オーストラリアヨーク半島先端部・マダガスカル島に自生してるらしい。
種類はたいへん豊富で、盛んに交配もされています。現地では雑草かもしれませんね。

養分のほとんど無い土に生えていたり、樹木に着生しているため食虫植物として
生きています。 養分は袋に入った虫や養分になるような物から吸収しています。

お中元には如何なものでしょうか??
(ちなみに私は、グロイ花大好きですが・・・。これ実は大きいのです。覗いたところ虫は入っていませんでしたが・・・・)
この植物は、ワシントン条約の対象になっているため海外からに輸入は禁じられているそうです。

錦糸町のフラワーアレンジメント教室のヘクセンハウスフラワーアカデミー

テーマ : 花と生活 - ジャンル : 趣味・実用

Comment

栄養・・・?

真宗せんせい こんにちわ!
ご無沙汰してます。

ちなみにこのネペンテスって、購入した場合は、袋に「栄養になるもの」を
ときどき入れてあげる必要があったりするのでしょうか・・・・v-37
             ↑
(日々、ハエたたきを持ってうろうろする自分を想像している)

うーん、こういうもの維持するには、やっぱり熱帯のノリが必要ですね。

カオリンさんおっ久しぶりです。

コメントありがとうね!
この植物は、栄養の無い土地で育っていますので、肥料は殆ど必要ないです。
袋の周りにハエがたかるのではなく、虫が袋の中の液体にそそられて落ちてしまうようです。そのハエを栄養にしているのです。

花屋さんで販売していますよ~。寒と乾燥に弱いですが、日本で普通にそだちますよ~。

カオリンさんもお元気でなによりです。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。