スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアのパースに行ってきました。 講師 山本編

ヘクセンハウスフラワーアカデミー講師日記 山本編

講師の山本のりこです。
9月22日から4泊5日(機中2泊)で、オーストラリアパースに夫と一緒に行ってきました。
海外旅行は久しぶりで、団体ツアーでないこともあり少し心配でしたが、とても楽しく充実した旅でした。
パース西オーストラリア州最大都市で「世界一孤立した町」「世界一清潔な町」などの呼び名がありますが、スワン川のほとりにひらかれた美しい街でした。

私の最大の楽しみはワイルドフラワーを見ること、夫のささやかな楽しみはワイナリーを訪れることでした。

西オーストラリアのワイルドフラワーは毎年8月から10月にかけての春の花のシーズンに咲きます。
オーストラリアのものは不思議な形をしているものが多いといわれています。過酷な環境を生き延び、氷河期にあった花の姿をそのままにとどめているのだそうです。
現地のバスツアーに参加し、朝の7時半から午後4時半まで野山を移動しました。
フラワーガイドがいくつものフラワーポイントを案内してくれ、かわいらしい花をブッシュの中に発見する感動の連続でした。
ランチボックスはロブスターや大きなえびが入っていてとてもおいしかったです。

パースでは、急に雨が降ったり、強い日差しになったりと、頻繁に変化する天気でした。
基本的には肌寒く、日本の3月下旬くらいの気温で、市内の公園では桜も咲いていました。
次回はワイナリーやキングスパークなどについて書きたいと思います。

大きく羽を広げている鳥は、散歩中に見かけたブラックスワンです。スワン川の名前の由来となっています。
黒鳥

緑と赤のカンガルーポーがワイアーレスヒルにたくさん咲いていました。この花は西オーストラリア州花です。
グラスツリー2

細長い棒状の花はグラスツリー(旧名ブラックボーイ)です。一年に1.5センチから3センチしか伸びません。
グラスツリー1



この続きはまた、のお楽しみです。
山本先生に花々の写真を見せて頂きましたが、形も色も綺麗な花が沢山でした。
見たい方は、ヘクセンハウスフラワーアカデミーに遊びに来てくださいね。真宗優子

テーマ : ■お花が好き♪ - ジャンル : 趣味・実用

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。