スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラワーアレンジメント教室 講師日記 山本先生編

講師の山本のりこです。
先日、初めて世田谷のボロ市に行ってきました。
毎年12月15、16日と1月15、16日に開催される世田谷最大の年中行事で、約7000軒の露店が立ち並びます。天正6年(1578年)に小田原城主の北条氏政が楽市を開いたのが始まりだそうです。

天気もよかったからでしょうか、平日にもかかわらず、たくさんの人が来ていました。2日間で30万人の人出を見込んでいるそうです。世田谷線の上町か世田谷が最寄り駅ですが、私の乗った電車は、天井にクリスマスの飾りつけがされていて、楽しい気分にさせてくれました。
骨董品から日常雑貨までいろいろなものが売っていて、見ているだけでも面白かったです。ボロを売っているわけではありません。お買い得品は、ボランティア団体が売っているものです。
私は、かりんとうを3袋、オリーブオイルの石鹸4個、ホウの木(モクレン科)のまな板、手づくりの革のバックなどを買ってきました。

写真は、「せたがや自然探検隊」が世田谷の公園で拾った木の実で作ったものです。
kinomi


もうひとつの写真はボロ市の中心位置にある世田谷代官屋敷です。
世田谷代官屋敷

わらぶき屋根は見たことがない人のほうが多いのではないでしょうか。
ここは、小学校の遠足のコースのひとつでしたが、その前日に熱が出てしまい、行けなかったことを思い出しました。

Comment

ボロ市は大人版縁日みたいで、楽しそう♪

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。