スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケニアのバラ!

大田市場の2階ショーケースの中に、茎、葉ともしっかりしたバラを発見!何とケニア産のバララべール
ケニアのバラ

ケニアは赤道直下に位置し、年間通して気候はほぼ一定。標高2000メートル以上の広大な大地を活かした花の生産が盛んだそうです。

高冷地では、年間を通して気温が16度~20度の範囲で安定していて、昼夜の気温差が大きいなど、植物の生育と発色に最適な気候条件を備えているそうです。

特に今の時期は、国産のバラは生産が不安定になるので、ピーアールしているようです。

確かに、茎も太いし花びらもしっかりしています。大きな作品を作るときや、活けこみなどにはいいかも・・・。

Comment

色々あるんですね☆

薔薇にもいろいろな種類があるんですね。
今回のケニア産のラベールという薔薇も、色が大変美しいですね。
絵を描いている人にとって、この自然の色の美しさは、中々、超えられるものではありませんよね?
しかし、本物の作家であれば、いろいろな表現手段を使って表そうとするんでしょうね。
私は色彩を使う絵を描いていなくて良かったと思いました。
自然の色にはかないませんからね(><)

その位、お花の色は、美しいですね☆

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。