スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスに頂いた手作りシュトーレン

生徒さんのユリさんから、手作りシュトレンを頂きました。
このシュトレンはドイツのアドヴェントになくてはならないお菓子。

ブランデーなどに浸けておいたドライフルーツを、たっぷりのバターと一緒に練りこんで焼いた細長いパン。普通のパンと違ってかなり重くて日持ちがする。パンというよりはお菓子、ケーキとして食べられる。自宅で作るほか、クリスマス・マーケットで買う事も多いそうです。

SYUTO-RENN

シュトレンという名前は「坑道」を意味し、トンネルのような格好をしているためについた。粉砂糖をたっぷりまぶしてあり、これが幼子イエスを産着で包んでいるというふうに見たてられているらしい

クリスマスを待つ4週間の期間であるアドヴェントの各週末に、イエス・キリストの生誕の日が近づいてくるというお祝いをする。その際、身内や身近な友人とささやかにティーパーティをし、シュトレンを薄く切って賞味する。ドイツではクリスマスと言えばケーキではなく、シュトレンであると言えるほど、一般的である。

ザクセン州(旧東ドイツ)のドレスデンが、この菓子の発祥の地だといわれている。

「ウィキペディア」より
12月の初めから作り味が馴染むよう熟成させたそうです。
ブランデーの香りが移り美味しく頂きました~ありがとうございました。


話は変わりますが、花情報を書いているブログ「花辞典」を福本先生にバトンタッチしました~。
これから、福本流「花辞典」も更新されますのでこちらも見て下さいね~。

携帯版のHP、ブログも更新中

フラワー体験レッスン、フラワースクール、フラワーアレンジメント教室、錦糸町、結婚式の花、出張教室、フラワースクール ヘクセンハウス

テーマ : クリスマス特集 - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。