スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オレンジのダリアのアレンジメント!

飯田橋の「めん房」さんの10数周年の開店祝いに、オレンジの大きなダリアを入れたアレンジメントをお客様のご注文でお届けしました。
ダリアのアレンジメント

大きなオレンジのダリアと反対色のラクスパーやトルコキキョウの紫色を入れて大人の雰囲気でアレンジしました。
写真ですと、大きさが分からないのが残念です。

JR飯田橋の駅から5分くらいの富士見にあります。



駅の近くにお届けに行くと、車を留める場所が無くて探すのが大変です。
お店の前に止められればいいのですが、ほぼそんな所はありません。
コインパーキングを探して入れるか、なるだけ近くに止めて走るかです。足を鍛えないとたまに縺れます
スポンサーサイト

香りのいいバラを使って個性的なブーケ!

今回のステップアップコースでは、香りのいいバラアリアム・シュッベルティを中心にホルダーのブーケを作って頂きました。
個性的なブーケ

花材は、黄色のバラ(ジャンヌダルク)、オレンジのバラ(マレーラ)、エンジのバラ(リーク)、薄いニュアンスカラーの紫のスプレーバラ(シュナーベル)、ピンクのスプレーバラ(サーシャ)、白のスプレーバラ(スイートオールド)、アリアム・シュッベルディーシュガーバインリリーグラスゲイラックス赤ドラセナアストランティア・ルビーです。

微妙な紫やえんじ色~オレンジ、黄色、白の色を持ってきました。

アリアムは、大きくて使うのが難しいようでした。
皆さんの作品の写真を撮らなかったのですが、それぞれ個性的なブーケが出来ました。

バラの香りを人間の年齢で例えてみると、黄色のバラのジャンヌダルクの香りは20代。オレンジバラのマレーラの香りは、30代の香りで、えんじ色のバラのリークは、40代の熟成された香りのような気がしています。皆さんは如何でしょうか?

プリザーブドを使って着物に似合うブーケ完成!

フリースタイルコース児玉さんが、6/2に三重県の松坂の料亭で和装で結婚式をされます。
三重県で距離があるのでご自分のブーケ作りを諦めていましたが、プリザーブドでしたら少し早めに作成できましたので、5/26朝から作成しました。
和装用に、ピンポンマムのプリザーブドを使いたかったのですが、6月末まで入荷がないため、ダリアを大輪と小輪を使いました。
プリザーブドの着物のブーケ1

ハンドルの部分をアルミワイヤーと、キッチンペーパーで長くし、着物に合わせて黒いベッチンの布で巻き上げました。クイーンズコード(組みひものような感じを出したかった為)にワイヤーを通し、デザインの中に入れ込みました。
プリザーブドの着物のブーケ2

フェイクの実ものやもみじの葉、プリザーブドの赤いバラ、大輪の赤のダリア、小輪のオレンジのダリア、グリーンのカーネーション、晒したシルバーデイジー、カネラゴールド、を使いました。
児玉さんブーケ完成

プリザーブドのバラでお気に入りは、フローラルエバー社のものです。咲き方花の形が美しく、色のバリエーションも色々ありますのでお気に入りです。
児玉さんのプリザーブドの花材

本物の様です。オレンジと赤をアップしてみました。
プリザーブドのダリア

児玉さんは、6/1に松坂まで車で移動とのこと。
料亭での披露宴の時のお二人の前に置く花は、ご自分で作るそうなのんで、花材と資材を用意させて頂きます。
お式まで後少しなので、体調に気をつけてご準備して下さいね。
ヘクセンハウスフラワーアカデミーでは、本番用のブーケをプライベートレッスンをしながら作成するコースがあります。

フラワーアレンジメント ほぐれたトライアンギュラー

優しくほぐれたトライアンギュラースタイルアレンジメント
今回は、メカニカルフォーカルポイントの考え方が生長点と考え、鉢の底の球根に全ての茎が集まってくる考え方で作って頂きました。
IN

花材は、茎の柔らかいものが向いています。
トルコキキョウ(八重咲き)、スカビオサ、スプレーカーネーション(オレンジベッカム)(ダブルピンク)、ラクスパー、天文草、ナルコラン、リリーグラスを使い、吸水性スポンジを隠す為にモスを使いました。

ヘクセンハウスフラワーアカデミーでは、体験レッスンにて、花の魅力お伝え中ご参加の予約承っています。お気軽にいらして下さい。(要予約)

鳥かごのアレンジメント(フリースタイルコース)

フリースタイルコースでは、可愛らしい鳥かごに、小鳥を入れ込み、ハーブの香り可愛らしいお花でアレンジして頂きました。
 ハーブが市場に沢山出回っていまして、今回はアップルミントゼラニュウムを入れました。
*アップルミントの香りは、ミントの中ではりんごのような甘い香りがします。
furawa-

ハーブの香りと、優しい花の色合いで癒されるよな感じーです。

ワイヤリングでプチブーケ

今回のベーシックコースは、大きめのバラ、一本一本にワイヤーを掛け、コットンを付けて組み上げる、ラウンドスタイルブーケを作って頂きました。
ラウンドブーケ

ブーケホルダーを使ったブーケもいいですが、ワイヤリングをマスターしておくと、子供さん用の小さいブーケを少ない花材で軽く出来ますよ。
ワイヤリングしたものには、私どもでは、フラワーベールを吹きかけて花持ちを良くしています。
(かなり、違いますよ~。試してみて

フラワーアレンジメント 教室講師日記 新井編

1.3金曜日講師新井です。
いいお天気が続き、新緑がまぶしい季節です。
日差しが急に強くなったので、毎日朝6時半に愛犬?モカの散歩に出かけます。
ある朝ご近所のお庭のバラがあまりに見事なので、脚を止めて香りを楽しんでいると、そのお宅のご主人がいらして、オールドローズを数輪摘んで下さいました。
ばらの館

朝から優しい気持ちになりました。
後日写真を撮らせてもらいました。
まだ満開ではないのですがレンガのお家にバラが映えます。
このお宅、バラの木が70本あるそうです。

我家の庭には大きなローズマリーの株があります。
青い花をたわわにつけ、よい香りです。
その枝でシンプルなリースを作ってみました。
古代の魔よけリースはこんな感じだったのかな?
ローズマリーのリース

旧古河庭園のバラと洋館

昨日はとてもいいお天気で、真夏のような一日でした。
西洋と日本が調和する、歴史的な名園、駒込にある「旧古河庭園」にバラを見って来ました。
旧古河庭園の洋館とバラ2

この洋館と洋風庭園の設計者は、明治から大正にかけて、鹿鳴館、ニコライ堂、旧岩崎邸など手がけ、日本の建築界の発展に貢献した英国人ジョサイア・コンドルです。
旧古河庭園の洋館とバラ1

バラの「恋心」京成バラ園作出何だかうつむいていてかわいい感じ!
それとも、太陽が眩しくてウツムイテいるのかしら・・・。
バラ 恋心

ブーケで人気のバラ「イブピアジェ」地面から出ているの初めて見ました。
イブピアジェ

ピンクのバラ

こちらのバラは「ノスタルジー」
ノスタルジー

香りが届けられなくて残念ですが・・・。


先週は、ブーケの打ち合わせ、手配、講師の打ち合わせと忙しい中、尺鉢類の納品やら、納品終わった後両国橋の手前で、赤信号で止まっていたら追突され。体は大丈夫でしたが。

車を修理に出して台車が来ました。なんとボルボのV70、今の車より大きめで車庫入れと運転に慣れるのが目的で、駒込まで行きました。

車体が重く、アクセル踏んでもヨッコラショ!といった感じです。
でも、車内はひろーい!です。
少し、両サイドが見難いですが・・・。
しかし、今朝は主人がお客さん連れて工場に行くので、私は日本レンタカーでトヨタの商業車のバンを借りました。
(これは、荷物が乗せ易いです!もしや・・・、これで充分だったりして・・・。)
では、また。
 

プリザーブドのバラでウェディングあれやこれや!

フリースタイルコース久保さんが、6月2日にご結婚!
お色直し用のブーケは一足早く、プリザーブド加工されたバラを使いました。
ウェルカムボードの花や、ケーキカットのナイフ用の花、キャンドルサービス用の花も作りました。ピンクのドレスに可愛らしいピンクとショッキングピンクのバラとフェザーでつくりました。花材はこちら
ブーケの花材

ブーケ、ブートニアの完成!
久保さんプリブーケ

新婦の久保さんもニッコリ!
久保さん完成

両親への贈答用花束の代わりにプリザーブドでアレンジメントを作りました。淡い色合いのプリザーブドを使って
両親用プレゼントの花材

作成途中!同じものを作る時は同時進行で2個作っていきます。
久保さん作成風景

完成しました!
両親用プレゼント

小ぶりなウェルカムボードです。
こちらは、アジサイのプリを使って、私どもの福本が作りました。
久保さんウェルカムボード

ケーキカット用のナイフの花と、キャンドルサービスのトーチ用の花も私どもで作りました。
小物

午前10時~12時半までアレンジを作成し、13時半~15時半まででブーケを作りました。
プリザーブドで作成すると、結婚式の少し前から準備が出来ます。
そして、お式の前日にはフレッシュのバラで挙式用ブーケ真宗のプライベートレッスンで作る予定です。
ご自分のウェディングブーケや小物類を作りたいけど、一人では不安方はご相談に載りますよ。プライベートレッスンにて本番用を一緒にお作りし、式場へお届け致します。
ブーケ作成用の花材なかなか相談に載ってもらえない方、花材の手配だけも承っています。
お問い合わせは錦糸町駅すぐのヘクセンハウスフラワーアカデミーまで

オランダ旅日記:スーパーの花やガソリンスタンドの花

アムステルダムの中心から少し外れたところの、河沿いにシンゲルの花市場があります。お土産用と地元の人々が買い物に来ている様子でした。
こちらは、球根専門店です。凄い数の球根チューリップやアマリリス、スズランもあります。
球根専門店

何と!50本で8.5ユーロ
8.5×165=1402円です。花の頭の大きさはさまざまですが。
シンゲル花市場2

蘭などの鉢ものもあります。夕方の5時過ぎですから、店を片つけ初めています。
シンゲル花市場3

壁にはカラフルなリース、反対側にはドライフラワーも沢山ありました。
シンゲル花市場4

花市場全体

さまざまな苗が、カラフルな包装で売られていました。
苗売り場

 盆栽も並んでいて人気のようです。価格はかなり高かったです。
シンゲルの花市場の裏の川側には、花の絵が描いてあるのもオシャレです。
花市場の裏側

アールスメーア市場のような、業者用の市場のほかに、一般の人々が手軽に買える花市場のシンゲルの充実ぶりは中々でした。
オランダ国民の消費する花の量は凄いのでしょうね。

こちらは、宿泊したホテルの近くのスーパーAlbert Heijnで売られていた花束です。
スーパーの花束1

白い紙でラッピングされ、一応白く細いリボンと、クリザールが付いています。3.49ユーロ(165円×3.49=575.85円)
スーパーの花束の値段

こちらは、胡蝶蘭の鉢です。
近所のスーパーの花

気になるお値段は、3.99ユーロ(3.99×165=658.35円です。)
蘭アップ

ガソリンスタンドには、コンビニがあり外にはフレッシュの花束鉢物の寄せ植えが売ってます。
ガソリンスタンドの花1

手軽に買っていくのでしょうね。
ガソリンスタンドの花2

鉢物に付いていた、ループリボンの中心をホチキスで留め飾り付きのワイヤーで留めてありました。不器用なんでしょうか?
ガソリンスタンドの花のループリボン

訪問先に手軽に買って行ける雰囲気です。
ガソリンスタンドの花3

アールスメーアの街の露天の花屋です。可動式で、車に花を積みそのまま移動先で花屋がオープンできるようなタイプです。
露天の花屋

こちらは、ベルギーの広場の露天の花屋さんです。
ベルギーの花屋1

トラックに台車ごと、積んでお店を開きます。
可動式ベルギーの花屋

こちらは、アムステルダムのチューリップ博物館の外の鉢植えです。ボタニカル風に寄せ植えしてあります。
チューリップの鉢植え

チューリツプ博物館の中も綺麗でした。
チューリップ博物館

フラワーアートショップ・ジェミの店内です。店は18時までなので閉まっていました。ガラス越しに写真を撮りました。
ジェミ1

貝殻などが、ガラスの器に入っていっぱい置いてありました。
アールスメーア市場の資材屋さんにも沢山貝殻は置いてありました。
ジェミ2

お店は、スーパー以外は18時までです。
オランダの人は、8時間働き、8時間寝て、8時間遊びます。キッチリ!18時には店は閉まります。
良く調べて、花屋さんめぐりを次回はしたいです。

もっと話を聴きたい方は、錦糸町駅すぐのヘクセンハウスフラワーアカデミーまで!

色とりどりのアレンジメント!

ステップアップコースでは、「色とりどりの花のアレンジメント」を作って頂きました。

花の色もカラフル花の形もさまざまなものを集めましたので難しかったかも・・・。
色とりどりのアレンジ1

上のアングルから撮ってみました。
色とりどりのアレンジ上から

カラフルな資材の棒は、アールスメーアの市場で購入してきたものです。ポップな雰囲気で可愛いです。
色とりどりのアレンジ足元

(花材)グロリオサ(プレシャスムーン)、スカビオサ、ビバーナム、チョコレートコスモス(ストロベリーチョコ)、デルフィニゥム(ピクシーパールブルー)、ヒマワリ(ジョーカー)、アンスリウム(マキシマム エレガント)、ガーベラ(イッセイ)、アジサイ(ピンク)、フトイ、ドラセナ アトム

興味の沸いた方は、ヘクセンハウスフラワーアカデミーへ!

フラワーアレンジメント教室 バスケットブーケ!

今年から、中級クラスのバスケットブーケは、背の高い籠か、低く丸い籠を選んでいただき、アルミワイヤーで持ち手をつけてアレンジして頂く内容に変わりました。
 従来はハンドルの付いたナチュラルな素材のバスケットに、花をアレンジしてましたが、実際のウェディングで持つ方を見ないため内容を変えました。

四角い網目のバスケットに手を付けても可愛いでしょう!
花は、スプレーバラ(テェディーベアー)、(スウィートオールド)、トルコキキョウ(シロイロサイサイ)、バラ(ローズユミ)、アイビー、テンモン草、セダムです。
BASUKELTUTO

ハンドルは、アルミワイヤーにテッシュを巻きつけ、フローラルテープを巻いて、リボンでカリキュースしました。

ブーケですから、軽く仕上げるようにバスケットも軽いもの、吸水性スポンジも必要最低限にします。スポンジに回りには、セロファンを詰めて固定します。

お色直し用に作ってみてくださいな。

色々なブーケを作って見たい方は、ヘクセンハウスフラワーアカデミーへ!

オランダ旅日記:アールスメーア市場後半編の後半

写真の挿入が出来ました!良かった!
アールスメーア市場セリ場です。広ーいです。自分でPCを持ってきて繋ぐそうです。実際ここに沢山の人が座っているとどんな感じなんでしょうか?
セリ場

ここから、世界に向けて花が動いているのですから・・・。
稼動しているところも見たいです。

新商品展示コーナーには、べコニヤの美しいものと、クレマチスの花が盛り上がっているものが展示されていました。
新商品 ベコニア

新商品1

こちらは、資材屋さんバージョンです。
資材屋さんの品揃えのいいこと、そして広い中に、ディスプレイコーナーもあります。
資材屋さん5

資材屋さん4

資材屋さん3

資材屋さん2

大きな流木と、今回案内してくれた育子さんです。
流木

お店にデスィプレイする為の、花の絵まで売っています。
資材屋さんで絵

大きなものから、小さなものまで。
品揃え豊富で宝の山です。
資材屋さん棚

オランダならではの、カラフルな和紙
和紙

日本の資材屋さんは今は、大分変わりましたが嘗ては、何処も置いてあるものが一緒でした。
資材から、デザインも生まれますよね。羨ましいです。
そして、市場に止まっている車も長いです。
車も長いです。

さすが、世界一の花市場だけに広いし流通量も多くビックリしました。

また、是非市場が稼動している状態を見てみたいです。

オランダ旅日記:アールスメーア市場後半編

鉢物の仲卸へ、こちらももの凄い広さです。
まずは入り口です。
鉢の仲卸入り口

驚いた!のは、綺麗にデコレーションされた鉢物です。植物より、飾りが目立ちますがここまでやればこれもありかなー!
アロエです。メロンの味がしそうです。
鉢デコアロエ

アンスイチゴ味がしそうです。
鉢デコアンス

スパティミント味がしそうです。箱もオシャレです。このまま売れます。
鉢デコアンス

多肉植物もおもちゃのようです。フェイクの花も一緒になって、ちょっと考え付かない感覚ですが、ここまでやればこれも
鉢デコ多肉

アップしてみて、どうなっているかお見せしましょう。
鉢デコアップ

多肉植物REDバージョン
鉢デコ多肉赤

気になる価格です。22.95ユーロですから、165円で計算すると3786.5円です。但し、円安なのでオランダ人にしてみれば130円で計算すると2983円で3000円くらいの感覚なんでしょうか?
この商品を青山などで販売したら6000円や7000円では売れるでしょうね。安くはないですが、綺麗です。
鉢デコ多肉赤価格

鉢デコ赤綺麗

仲卸の中にデッスプレイコーナーがいくつもありその中の一部です。
鉢デスプレイ

鉢でスプレイ1


サボテンの棚ほんの一部です。
セリ場ですが、サボテン沢山

これが、ある一軒の鉢物の仲卸です。
写真には、小さいものしかありませんが、大きな観葉植物や多肉植物などなど沢山ありました。

続きを読む »

オランダ旅日記:アールスメーア市場

総面積75万5000㎡、サッカーグラウンドが125個も入る、世界最大の花市場。毎日1700万本以上の生花と200万以上の植物がセリに掛けられ、世界各地へ出荷されています。
アールスメーア市場外

市場入口

関野さんの花仲間の育子さんの案内で、本来は入れない市場の中まで見学させて頂きました。
物凄い、速さで動く、自動の花運搬カート
運ぶ機械


なんと、これが1件分の切花の仲卸です。
量、種類、長さ、グリーンのバラエティーさは流石でした。
大きな1件


ミックスして、入っているガーベラ、色取り取りで使えて羨ましいです。
ミックスしたガーベラ

グロリオサがパックになっています。花びらが傷つかなくていいかも!
育子さんの花屋さんでは、このパックのまま保存するそうです。
グロリオサ パック

アンスもビニールのパックに入っています。
乾燥を防げていいのかも・・・。
アンスもビニールのパックに

チューりップですが、雌しべが発達したものでしょうか?
めしべの発達したチューリップ

めしべの発達したチューリップ2

ヒペリカムチョコボールみたいにまん丸!
ヒペリカムまん丸

面白いもの発見!バラの茎の、棘に赤いペイントがされていました。
バラのとげ

バラのメタリナ色が日本で流通しているより紫が強く綺麗です。
バラのメタリナ

バラのイブちゃんは、りんごのキャップが掛かっていました。
アールスメール1

国民性の違いでしょか?直立してしっかりとした骨太です。
直立アイビー

バラ ロイヤルプロフィッター

沢山写真を撮りましたが、今日はこのへんで!
なんと、3時間半も掛かって回りましたから・・・。
鉢物コーナー、資材コーナーも凄かったです!
詳しく写真見たい方は、ヘクセンハウスフラワーアカデミーに遊びに来て下さいね。

初級コースはラウンドスタイルのアレンジメントです。

初級コースは、丸く丸くラウンドスタイル
大きめの丸い形の花(バラ)と、小さくて丸い花(カーネーション、マム、スプレーバラなど)間を埋める花(キノブラウン)と、葉ものを中心に花材を揃えると丸く作りやすいです。
ラウンド 0705A



母の日のプリザーブドアレンジメント

今週末は、母の日ですね。
皆さんはプレゼントをご用意されたのでしょうか?
今回のフリースタイルコースでは、プリザーブドのカーネーションを中心にアレンジして頂きました。
プリザーブド母の日


今年もプリザーブドは人気のようで、ピンク系のカーネーションは、4月のはじめには売り切れでした。

オランダ旅日記②ライデン

ライデンは、オランダ最古の大学や研究機関が集まる文化都市
ライデンの町

ライン河と運河に囲まれた街は、しっとりとした佇まいでした。シーボルトが晩年を過ごし、日本研究に打ち込んだ場所としても知られています。

1587年に当初は医学部の薬草園として作られたヨーロッパ最古の植物園、大学附属植物園

ここの、一角に日本庭園があり、シーボルトが日本から持ち帰った藤、欅、小臭木(ミカン科)などがあります。
日本庭園

コクサギ 小臭木(ミカン科)1856年以前に植樹
小臭木

アケビ 木通 (アケビ科)1856年以前
あけび

トチノキ 栃の木(とちのき科)1860年ころ
約150年でこんなに大きくなりました。福本さんに木の下にたってもらいました。
栃の木

150年の間、大切に育てられてここまで大きくなりました。
日本から大切に持ち帰った様子が伝わります。

温室には、沢山の珍しい植物がびっしりでした。
全部紹介できませんが、面白いものだけご紹介しますね。

真赤なトケイソウ
赤いトケイソウ

まだまだ、続きますよ。

続きを読む »

オランダ旅日記:キューケンホフ公園

世界中から毎年60万~70万人もの人々が訪れる花のテーマパーク。32万㎡もの敷地には、チューリップを中心に600万株以上の植物が植えられ、3/20~5/202ヶ月だけ開園しています。
キューケンホフのチューリップ1

カレンダーや雑誌では、見たことがありましたが実物は比べ物にならないほどの美しさです。 
今年はヨーロッパも暖冬で花が咲くのが早く、気温も24度~27度くらいと温かく咲き終わってしまっているかと心配してました。
公園の外の花は、ほとんど終わっていて、花のジュータンは見られませんでした。少し花が残っている様子です。
キューケンホフ外の花

ムスカリの花が、まるで川のようです。
ムスカリの川


白いムスカリの川

日本庭園のような雰囲気です。
日本庭園のようなところ

ユリ咲きの香りのいいチューリップ「バレリーナ」も大きく、色も濃く出ています。環境によって同じ花でも違いますね。
土?朝夕の気温差?ですかね。大きさを比較する為に携帯と一緒にとりました。
特大バレリーナ

まだまだ続きますよ。

続きを読む »

オランダ旅日記1

2007.4.26~5.3まで、KLMでオランダへ。約12時間の空の旅。6泊8日で行って来ました。

以前スクールのアシスタントをしていた関野さんが、商社にお勤めの旦那様の転勤で、オランダ生活をしています。
そこを訪ねて、真宗と福本さんと元ショップのメンバーの生川さんと3人での旅でした。

関野さんがいるうちに、あのチューリップのジュータンキューケンホフ公園が開園している時期に行きたいと、計画をしました。
キューケンホフ公園


旅行会社のツアーは、高く行きたいところが入っていない為、直接航空券を購入できないかと、
KLMのHPを検索
KLM


そこで、eチケットを見つけ、予約からチェックインまでPCでOKでした。30時間前から自宅のPCでチェックインが出来るので空港で並ばなくて済み便利です。
(チケットは自分のPCでアウトプットしたものなので、行くまで不安でしたが。
直行便はJALもあるので不安な方はそちらを利用してくださいね。英語オンチなので、何度と日本のKLMに電話をして聴いちゃいました。

ホテルは福本さんが、BOOKING.COMで検索してくれました。
(実は、辞書が出来るくらいの資料をプリントして位置関係や価格を比較検討してHotel Toren-Hampshir Classicを予約してくれました。)

3人で節約旅行でしたから、トリプルルームに宿泊しました。
部屋も程よく広く、アットホームな雰囲気なホテルでしかも、部屋にエスプレッソメーカーが置いてあり、美味しいコーヒー紅茶が飲み放題で尚、快適でした。

アムステルダムを宿にして、
ベルギーは、アントワープブリュッセルオランダは、キューケンホフ公園ライデンの大学附属植物園アールスメーア市場、世界遺産のキンデンダイクの風車、おとぎの国ヒートホルンに行ってきました。

では、まずオランダ花事情から、
裏話は、また後ほど・・・。

もっと聴きたい方は、ヘクセンハウスフラワーアカデミーへ遊びに来てね
では、下の順に書きますね。
①キューケンホフ公園
②ライデン大学附属植物園
③アールスメーア市場
④街のスーパーの花、ガソリンスタンドの花&家庭での花
⑤ベルギーの町並み
⑥キンデンダイクの風車とヒートホルンのおとぎの国
⑦オランダ裏の顔、クイーンズデーの夜
⑧今回の旅で感じたこと。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。