スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強会 浜松から「PCガーベラ」さん

PCガーベラ

未来を切り開く仲卸「フローレ21」さんの勉強会、ショー・ザ・フローレへ行ってきました。今回は浜松からPCガーベラさんのお話しでした。この写真は、シャガール版と言い、ガーベラの品種が良く解るように作られたものです。

ガーベラ(ミニスカート)

ガーベラのがくが変化し花びらが出ているNEWタイプ「ミニスカート」
ディスカッションの中で、一番為になったことは、バラに比べてガーベラは草ものなので、水を吸い揚げる力が弱い!

吸水性スポンジには、向かない花といわれていますが、短く切ってアレンジすれば問題なく、2月3月の湿度の少ない時期は2週間持ちます。

よく、水揚げすると花びらが反り返ってしまうのですが、原因は急激な水上がりだそうです。10度くらいの温度で暗い場所でゆっくり吸わせるといいそうです。

ガーベラは花が咲いた状態で流通しているので、フラワーフード(栄養剤)ほぼいらないようです。

花瓶に生けるときは、茎が5CMくらい水に漬かる程度の浅水で大丈夫です。深水は茎を腐らせますので注意!

皆さんの好きなガーベラは何色ですか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。